LINE(株)(以下「LINE」)は、インターネット広告におけるリアルタイム広告枠取引を行うデータマネジメントプラットフォーム及びビッグデータを分析するデマンドサイドプラットフォームの提供会社である(株)フリークアウト(以下「フリークアウト」)とスマートフォン向けアプリ開発を行う(株)イグニス(以下「イグニス」)が共同出資するM.T.Burn(株)(売上高3億5700万円、営業利益△2億1700万円、純資産△1億7100万円、以下「M.T.Burn」)を第三者割当増資の引受けにより、子会社化することを発表した。

フリークアウトがイグニスからM.T.Burn株式を50%取得(フリークアウトのM.T.Burnへの出資割合100%)後、LINEにM.T.Burn株式を50%譲渡(LINEとフリークアウトのM.T.Burnに対する出資割合はそれぞれ50%)。その後、M.T.BurnはLINEを引受先とする第三者割当による新株発行により、LINEの連結子会社となる(第三者割当増資後の持分比率は、LINE50.49%、フリークアウト49.51%)。

M.T.BurnはLINE広告プラットフォーム事業をLINEと共同で立ち上げ、ネイティブ広告領域にて新たな広告商品の開発、販売、運用等、更なる価値提供を行うことでシナジー効果が期待できるとしている。

株式取得及び第三者割当増資引き受け後の株式保有割合は50.49%。

株式取得価額は4億9900万円。

第三者割当払込総額は997万円。

株式譲渡契約及び第三者割当増資引受実行予定日は2016年2月末。