M&A速報

西武ホールディングス<9024>、グループ再編の一環で不動産事業の西武プロパティーズを子会社化

2016/01/28

西武ホールディングスは、グループ再編の一環として不動産事業を手がける西武プロパティーズ(東京都豊島区。売上高309億円、営業利益10億4000万円、純資産47億3000万円)を子会社化することを決めた。西武プロパティーズは現在、子会社のプリンスホテル(東京都豊島区)が70.922%、西武鉄道(埼玉県所沢市)が20.078%を所有している。西武HDは両社から西武プロパティーズの株式を現物配当により取得する。現物配当日は2016年6月22日。また、西武プロパティーズが実施する第三者割当増資を75億円で引き受ける。払込期日は6月23日。

関連の記事

資産売却「HIS」「電通」「西武」などが次々と

資産売却「HIS」「電通」「西武」などが次々と

2021/07/22

大手企業による資産売却が相次いでいる。財務体質の強化の一環として、さらにはコロナ後を見据えた投資拡大に向け、今後も資産売却に取り組む企業は増えそうだ。

コロナ禍、名門ホテルの閉館・売却が相次ぐ

コロナ禍、名門ホテルの閉館・売却が相次ぐ

2021/05/31

新型コロナウイルス感染の影響が長期化する中、名門ホテルをめぐる閉館や売却の動きが相次いでいる。6月30日の営業終了に向けてカウントダウンに入ったのが東京・九段下のホテルグランドパレスだ。

利益わずか50万円 としまえんを閉鎖して土地活用をする理由

利益わずか50万円 としまえんを閉鎖して土地活用をする理由

2020/02/07

西武グループのとしまえんが閉鎖となり、跡地利用にワーナー・ブラザーズが手を挙げています。閉鎖後はハリー・ポッターを中心としたテーマパークが誕生するとの観測が高まっています。としまえんの2019年3月期の純利益はわずか50万円でした。

日本特有のおもてなしは通用するのか 西武が買収したロンドンの高級ホテルは

日本特有のおもてなしは通用するのか 西武が買収したロンドンの高級ホテルは

2018/12/13

西武ホールディングス子会社のプリンスホテルは、英国ロンドンの高級ホテル「ザ・アーチ・ロンドン」を買収した。西洋式のホテルをおもてなしの心で運営するという。ロンドンっ子を満足させることができるか。

プリンスホテルのアーチ・ロンドン買収で誕生するAKATOKI

プリンスホテルのアーチ・ロンドン買収で誕生するAKATOKI

2018/11/23

西武ホールディングス傘下のプリンスホテルは、英国の高級ホテル「ジ・アーチ ロンドン」を買収しました。プリンスの新ブランドとなる「アカトキ」の第1号店として再オープンする予定です。再開業費用を含めた取得金額が87億円。その狙いはどこに?

首都圏廃線物語 かつて西武鉄道が所有した休止線、廃線を訪ねて

首都圏廃線物語 かつて西武鉄道が所有した休止線、廃線を訪ねて

2018/06/09

「鉄道の資本移動の歴史」のスピンオフ企画。西武鉄道がかつて所有した休止線・廃線の「西武安比奈線」と「東京都水道局小河内線(俗にいう水根貨物線)」を訪ねてみた。

西武鉄道の成立 武蔵野の台地に王国を築いた堤康次郎(後編)

西武鉄道の成立 武蔵野の台地に王国を築いた堤康次郎(後編)

2018/05/27

鉄道王・堤康次郎が武蔵野鉄道の支配に乗り出した。武蔵野鉄道の大株主となった堤は、配下の者を経営陣として送り込み、武蔵野鉄道の経営再建に乗り出す。ともかくも成功を収めた堤は、前編で述べた「旧西武鉄道」との競合・対立を、合併によって乗り越えた。

西武鉄道の成立 武蔵野の台地に王国を築いた堤康次郎(前編)

西武鉄道の成立 武蔵野の台地に王国を築いた堤康次郎(前編)

2018/05/06

なぜ西武鉄道の設立記念日は、武蔵野鉄道が設立された1915年4月15日なのか。そこには武蔵野鉄道と旧西武鉄道との合併劇を主導した堤康次郎の存在が大きかった。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5