スズキはドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の株式を売却したと発表した。VWが2009年8月29日に受領した仲裁判断に従いスズキの株式を処分したため。

スズキとVWは2009年12月に資本提携を結び、VWがスズキの株式19.9%を取得したが、VWの技術へのアクセスが不十分であり契約違反だとして、スズキが国際仲裁裁判所に提訴していた。