M&A速報

新田ゼラチン<4977>、連結子会社であるコラーゲンケーシングメーカーを持分法適用会社に異動

2015/05/19

新田ゼラチン(株)は、連結子会社でコラーゲンケーシングの製造・販売を行う北京新田膠原腸衣有限公司の合弁契約の内容を変更することを決議した。この結果、同社は連結子会社から持分法適用会社に異動することになる。

北京新田膠原腸衣有限公司は、ニッタホンコンLtd.と北京秋実農業発展有限公司との合弁契約を変更し、北京秋実農業発展有限公司が追加出資を行う。その結果、合弁契約変更後のニッタホンコンLtd.の出資比率が30%となるので、北京新田膠原腸衣有限公司は連結子会社から持分法適用会社に異動する。

取得価額は非公表。

譲渡予定日は中国の当局の許認可が得られた後追加出資した日となる。

関連の記事

上場企業の子会社・事業売却、12月年間最多の18件!

上場企業の子会社・事業売却、12月年間最多の18件!

2019/12/30

12月のM&A市場は「売り」が勢いづいた。上場企業による子会社・事業の売却は18件に上り、年間最多となった。年末休み前の最終週(23~27日)だけで12件が集中。売却対象の子会社・事業の多くは不振状態にあり、“年末大決算”の様相を呈した。

中国子会社の売却が4月急増、日東紡・タマホーム・TSIHDなど5件

中国子会社の売却が4月急増、日東紡・タマホーム・TSIHDなど5件

2019/04/22

​日本企業が中国子会社を売却する動きが広がっている。1~3月は各月1件だったが、4月はすでに5件に上る(適時開示ベース)。その大半が人件費上昇や人民元高に伴う収益悪化を理由とする。繊維、衣料関連が目立ち、今年の全8件中、4件を占める。