任天堂は、ディー・エヌ・エー(DeNA)とゲームアプリやスマートデバイス向けの会員制サービスを共同で開発すると発表した。

具体的には、任天堂の知的財産を活用したゲームアプリを、PCやスマートフォンなど、それぞれのデバイスに対応した形で新たに開発する。また、本年秋には、任天堂のゲーム専用機だけでなく、スマートデバイス向け基幹システムを構築し、同システムを使った会員制サービスの開発を開始する。

資本提携も進め、任天堂がDeNAの株式10.00%を、DeNAが任天堂の株式1.24%を取得する。いずれも第三者割当の方法で、取得価額はそれぞれ220億円。払込期日は4月2日。