M&A速報

東京放送ホールディングス<9401>、BS-TBSを完全子会社化へ。

2014/12/04

東京放送ホールディングス(東京都)は、地上放送とBS放送のシナジーにより放送事業を強化するため、BS-TBS(東京都、売上約147億円、持株割合51.89%)を完全子会社とする株式交換契約を締結した。

株式交換比率は東京放送ホールディングス:BS-TBS=1:32。

取得価額は約177億円。

株式交換実施予定日は平成27年4月1日。

関連の記事

【10月の社名変更】TBS・タメニー・日本酸素…近年最多の18社

【10月の社名変更】TBS・タメニー・日本酸素…近年最多の18社

2020/09/24

「コロナ」下、2020年度もいよいよ後半戦に突入する。10月をもって社名変更する上場企業は近年で最も多い18社を数える。その顔ぶれや新社名に込められた思いは?

【M&A判例】楽天子会社によるTBSへの会計帳簿閲覧請求権

【M&A判例】楽天子会社によるTBSへの会計帳簿閲覧請求権

2020/07/21

かつて楽天がTBSに対し敵対的買収を仕掛けた際、楽天子会社が株主としてTBS側に会計帳簿の閲覧を求めました。今回はこの会計帳簿閲覧請求権に関する一連の裁判の経緯と判決内容をわかりやすく解説します。

【M&A判例】楽天によるTBS買収と株式買取請求権事件とは

【M&A判例】楽天によるTBS買収と株式買取請求権事件とは

2020/04/23

かつて楽天がTBSの買収を目論み、失敗に終わったことを覚えている方も多いと思います。今回のM&A判例解説は「楽天対TBSの株式買取請求事件」を取り上げます。

名門企業を震え上がらせる復活「村上ファンド」とは

名門企業を震え上がらせる復活「村上ファンド」とは

2018/01/25

旧村上ファンド勢力が日本の証券市場を再び震撼させている。「もの言う株主」として企業に大胆な提案を突きつけて最大限の利益を引き出す彼らを、人は「株主権利の守護者」とも「ハゲタカ」とも呼ぶ。その評価はさておき、彼らの「ビジネス」は成功するのか?

失敗、大どんでん返し、爆買い…「なんでもアリ」の大混戦 企業買収で振り返るケータイ業界

失敗、大どんでん返し、爆買い…「なんでもアリ」の大混戦 企業買収で振り返るケータイ業界

2017/12/25

2017年も企業の合併・買収(M&A)の嵐が吹き荒れた携帯電話業界。主要企業は皆「わが道を行く」ようで…。

「上場企業2,172社の平均年間給与」調査 2017年3月期決算

「上場企業2,172社の平均年間給与」調査 2017年3月期決算

2017/07/29

2017年3月期決算の上場企業2,172社の平均年間給与は628万1,000円(中央値610万円)で、前年より4万1,000円(0.6%増)増えた。業種別トップは建設業で唯一の700万円台。平均年間給与1,000万円以上は47社だった。

【意外な子会社】旧ソニプラ、TBSとJフロントが買収(2008年、2011年)

【意外な子会社】旧ソニプラ、TBSとJフロントが買収(2008年、2011年)

2017/05/28

TBSがソニープラザを買収した当時「テレビ局が小売業を買収?」と話題となった。現在、旧ソニプラの持株会社であるスタイリングライフ・ホールディングスは、TBSとGINZA SIXの開業で好調なJ.フロントリテイリングが共同経営している。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5