(株)バイテック(以下「バイテック」)は、吸収分割により三井物産エレクトロニクス(株)からデバイス事業(売上高103億円、資産3億3700万円、負債1億8100万円)を承継するを決議した。

デバイス事業の譲受により以下の点でのシナジー効果をバイテックは見込んでいる。

①承継商材のバイテックグループ顧客への拡販することにより、売上及び利益増加が見込まれる。

②承継顧客へバイテックグループの商材を販売することにより、売上及び利益増加が見込まれる。

③産業機器及び通信機器系顧客の獲得により、新しい分野への事業展開が期待でき、より安定的な経営基盤の構築につながると見込んでいる。

バイテックは対象事業の権利義務を承継する対価として6920万円を交付する。

吸収分割契約締結日は2014年9月26日。

実行予定日は2014年12月1日。