M&A速報

栄光ホールディングス<6053>、学研ホールディングス<9470>と資本・業務提携

2014/08/29

学習塾「栄光ゼミナール」を運営する栄光ホールディングスは、学研ホールディングスが実施する第三者割当増資を引き受け、同社の株式4.36%を取得することを決めた。両社はこれまでも協力関係にあったが、今回新たに資本提携するほか、教育ICT(情報通信技術)教材の共同制作や語学事業の拡大、物流事業などで業務提携を進める。

取得価額は7億7500万円。取得予定日は9月16日。

関連の記事

「小僧寿し」「くら寿司」がマナルル、学研とのコラボキャンペーンで激突

「小僧寿し」「くら寿司」がマナルル、学研とのコラボキャンペーンで激突

2021/04/29

持ち帰りすしチェーンを運営する小僧寿しと、回転すしチェーン店を運営する、くら寿司が互いにコラボによるキャンぺーンに乗り出した。コラボによるすし対決はどちらに軍配が上がるだろうか。

【学研HD】高齢者ビジネス拡大へ M&Aで攻勢

【学研HD】高齢者ビジネス拡大へ M&Aで攻勢

2018/10/09

学研ホールディングスは教育事業のリーディングカンパニーとして知られるが、同社にはもう一つの顔がある。「医療福祉」事業の担い手として急速に存在感を高めている。高齢者福祉と子育て支援を両輪に事業を展開し、今や全売上高の4分の1近くを占める。

大学入試本番だが、学習塾・予備校の業界再編のゴングも鳴る?…

大学入試本番だが、学習塾・予備校の業界再編のゴングも鳴る?…

2018/02/01

2月に入り、2018年大学入試がラッシュを迎える。4日の日曜まで連日200校以上で入試が行われる。ただ、入試会場の熱気とは裏腹に、学習塾・予備校にとっては再々編のゴングがいつ鳴ってもおかしくない状況なのだ。

【学研ホールディングス】出版社としてスタートし、教育分野で攻めのM&Aを展開

【学研ホールディングス】出版社としてスタートし、教育分野で攻めのM&Aを展開

2017/08/29

創業者である古岡秀人の「戦後の復興は教育をおいてほかにない」との強い信念のもと設立された学研ホールディングス。 「​教育」を基軸して、多岐にわたる出版事業を展開するほか、塾事業、教材・教具の制作・販え、保育園の運営や高齢者住宅、介護サービス等、医療福祉分野にも事業を展開している。学研社及び子会社45社、関連会社4社で構成された巨大な企業群は、今後どのような絵をM&Aにより描いていくのか。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5