M&A速報

大手LPガス元売4社、事業統合契約を締結し、国内トップクラスのLPガス元売会社発足へ

2014/08/05

コスモ石油<5007、東京都>、昭和シェル石油<5002、東京都>、住友商事<8053、東京都>及び東燃ゼネラル石油<5012、東京都>は、LPガス元売事業とLPガス卸売事業、海外トレーディング事業を統合し、一貫体制を構築することにより、我が国トップクラスのLPガス元売会社を目指すため統合契約を締結した。

統合は、コスモ石油の100%子会社であるコスモ石油ガスを受け皿会社として、各社がそのLPガス元売事業を吸収分割により切り出す。各社は統合元売会社に対して25%ずつ出資することになる。

統合契約の締結は2014年8月5日。

統合予定期日は2015年4月1日。

資本金は110億円。

なお、受け皿会社となるコスモ石油ガスは2015年4月1日の統合期日にあわせて商号を変更する予定。

関連の記事

【石油業界とM&A】欧米メジャーの日本市場撤退が意味するものとは

【石油業界とM&A】欧米メジャーの日本市場撤退が意味するものとは

2017/06/20

大型再編が示す石油業界の将来像とは?前回に続き、エネルギー産業史研究の第一人者である東京理科大学教授橘川武郎氏に緊急インタビューを行った。

【緊急インタビュー】激動のエネルギー業界とM&A(石油業界編・前編)

【緊急インタビュー】激動のエネルギー業界とM&A(石油業界編・前編)

2016/04/22

今、エネルギー業界で何が起きているのか?大型再編が示す将来像とは?エネルギー産業史研究の第一人者である東京理科大学大学院橘川武郎教授に緊急インタビューを行った。

M&A速報検索

クリア