伊藤忠商事は、タイで農業や食料、金融事業などを手がける大手企業グループCharoen Pokphand Group Company Limited(チャロン・ポカパン、バンコク)と資本業務提携すると発表した。アジアを中心とする食料、化学品、情報通信など幅広い分野で協業するほか、タイやベトナムなどで飼料、畜産、水産の原料供給体制を整備する。

これに伴い、伊藤忠商事はチャロン・ポカパングループで中国やベトナムで飼料・畜産を手がけるC.P. Pokphand Co. Ltd.(バミューダ諸島)の株式25%を取得する。取得価額は約866億円。一方、チャロン・ポカパングループ2社を割当先とする第三者割当増資を実施し、1024億円を調達する。

株式取得、増資いずれも8月15日〜9月19日のいずれかの日の実施を予定している。