M&A速報

日本電気硝子<5214>、仏ガラス製品等製造会社と合弁会社を設立へ。

2014/06/12

ガラス製品を製造する日本電気硝子(滋賀県)と、ガラス製品や建築用製品等を製造する仏サンゴバングループの日本法人サンゴバン(東京都)は、有機EL照明用のガラス基板の開発・製造及び販売を行う合弁会社を設立することに合意した。

出資概要は以下の通り。

資本金は7億円の予定。日本電気硝子の出資比率は60%。

合弁事業開始予定日は平成26年内。

関連の記事

【旭硝子】なぜ業界トップがM&Aで「ガラスの天井」に挑むのか

【旭硝子】なぜ業界トップがM&Aで「ガラスの天井」に挑むのか

2018/05/15

世界最大の板ガラスメーカー・旭硝子が積極的なM&Aに乗り出している。しかも、全くの畑違いの異業種で、だ。装置産業であるガラスメーカーだけに、得意の板ガラスへ経営資源を集中して生産量でライバルを凌駕するのが最適に思えるが、同社の選択は違った。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5