光通信は子会社のパイオンを株式交換により完全子会社化することを決議した。携帯電話など移動体通信市場は競争が激化しており、両社の販売網や商材、ノウハウを活かした連携強化で収益基盤の拡充を図る。パイオンは2014年7月29日付けで上場廃止となる。

株式交換比率は光通信1:パイオン0.03で、パイオンの株式1株に対し光通信の0.03株を割り当てる。株式交換実施予定日は2014年8月1日。