オークファンは、リアルワールドとの間で、ビッグデータクレンジングに向けた業務・資本提携を発表した。

業務提携の内容は以下の通り。

オークファンの有するビッグデータをデータクレンジングツールで一次処理された取引データについて、リアルワールドのクラウドソーシングを通した人的リソースにより目視検査を行い、ビッグデータクレンジングの完成度を向上させていき、協業で蓄積されるビッグデータのクレンジングノウハウを、第三者のビッグデータに展開するサービスも、両社で取り組んでいくとしている。

資本提携の内容は以下の通り。

上記業務提携をスピーディーに、かつ円滑に推進していくため、両社の関係強化を目的として、オークファンがリアルワールドの株式を取得する資本提携を行う。

オークファンは、リアルワールドの既存株主から株式譲渡の形態でリアルワールド株式を取得し、その取得価額は24,400千円、発行済株式数に対する割合は1.00%(平成26年2月20日現在)。

払込期日は平成26年2月28日としている。