M&A速報

新日本科学<2395>、子会社の核酸医薬品関連会社が第三者割当実施

2014/02/04

(株)新日本科学の連結子会社であった、核酸医薬ベンチャーのWaVe Life Sciences Pte.Ltd.(シンガポール、以下「WaVe」)は、かごしま新産業創生投資事業有限責任組合を引受先とする第三者割当増資を実施した。第三者割当増資により、新日本科学の持株比率は85.02%から39.8%に異動。かごしま新産業創生投資事業有限責任組合の第三者割当増資後の持株比率は53.1%となる。

新日本科学は、核酸医薬の領域において、(株)キラルジェン(鹿児島市)、Ontorii, Inc.(米国マサチューセッツ州)の2社を設立。更には2012年に両社を経営統合する形で、シンガポールに両社の持株会社であるWaVeを設立し、日米の統一したオペレーションを構築してきたとのこと。更なる技術発展と研究成果が得られるようになる中、創薬ベンチャーの専門性及び資金ニーズを勘案し、専門性を持った経営者の採用と外部資金の獲得が必要不可欠との認識のもと、WaVeでは、2013年12月に経営並びに研究開発両面に相応に実績と知見を有する最高経営責任者を採用するとともに、今回第三者割当増資による資金調達を実現。これらのリソースをもとに、今後WaVeでは更に研究開発を促進し、企業価値の向上を加速していくとしている。

発行総額は5億7000万円(5,600,000米ドル) 

第三者割当払込期限日は2014年2月3日。

※ 1ドル=101.86円にて換算。

関連の記事

新型コロナウイルス向け「国産ワクチン」 大量生産に新たな助っ人

新型コロナウイルス向け「国産ワクチン」 大量生産に新たな助っ人

2020/08/07

アンジェスと大阪大学が共同で進めている新型コロナウイルス向けのワクチン開発に、ベルギーのバイオ企業であるカネカユーロジェンテックが参画することになった。どのような企業なのか。

【2018年M&A】へルスケア分野は買収金額が急増

【2018年M&A】へルスケア分野は買収金額が急増

2018/12/20

2018年のヘルスケア分野は2017年に比べ買収金額が急増した。武田薬品工業によるアイルランドの製薬会社シャイアの買収金額が日本のM&A史上過去最高の7兆円と高額だったためだ。

【新日本科学】8期連続の営業赤字を乗り切る「M&Aのチカラ」

【新日本科学】8期連続の営業赤字を乗り切る「M&Aのチカラ」

2018/08/07

新日本科学は1957年に創業した、わが国初となる医薬品開発の受託研究機関。動物実験による前臨床試験に強みを持ち、新薬開発のリーディングカンパニーの地位を固めた。そんな同社が今、8期連続の営業赤字というどん底にある。生き残りのカギはM&Aだ。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5