ルネサス エレクトロニクス(株)(以下「ルネサス」)及びソニー(株)(以下「ソニー」)は、ルネサスの100%連結子会社で、半導体メーカーのルネサス山形セミコンダクタ(株)が保有する鶴岡工場の半導体製造施設および設備等を、ソニーの100%連結子会社で、同じく半導体メーカーのソニーセミコンダクタ(株)に譲渡することについて、資産譲渡契約を締結した。

ルネサスグループは、フラッシュマイコン、低消費電力など高品質技術を維持、強化すると共に、生産効率、コストパフォーマンスを基準に生産拠点の縮小または集約を進めている。一方、ソニーは、イメージング関連事業をエレクトロニクスのコア事業の 1 つとして位置づけており、スマートフォンなどのモバイル機器市場に向けて、イメージセンサーの生産能力増強の検討を進めてきた。この度、両社の意向が一致し、資産譲渡契約に至ったとしている。

資産譲渡価額は75億1000万円。

資産譲渡予定日は2014年3月31日。