東京エレクトロンと米国の半導体製造装置メーカーのApplied Materials, Inc.(カリフォルニア州。売上高約8630億円、営業利益約406億円、純資産約7160億円)は経営統合することで合意したと発表した。半導体やディスプレイ製造装置などの分野で両社の人材や技術を融合し、新たな技術革新を担う先端企業を目指す。

両社はオランダに新設する統合持ち株会社の傘下に入る。東京エレクトロン1株に対し統合持ち株会社株3.25株を、Applied Materials1株に対し統合持ち株会社株1株を交付する。

取得価額、取得予定日は未定。

追記事項

2015-04-27
東京エレクトロンは米Applied Materials, Inc. との経営統合契約を解消したと発表した。統合には競争法に基づく関係当局の承認が必要だったが、米司法省との間で認識の違いがあり解決のめどが立たなかったという。