イマジカ・ロボットホールディングスの連結子会社であるIMAGICAと、デジタル・ガーデンは、ネットワーク技術の活用や人材の交流を通じて、最先端かつクリエイティビティの高いポストダクションサービスを提供することを目的に、資本・業務提携を行うことを発表した。

今回、IMAGICAがデジタル・ガーデンの第三者割当を引受け、両社の強みを活かし、連携を強化していく。

取得株式数は400株(異動後の所有割合は20%)。

払込時期は平成25年9月10日を予定している。