アパマンショップホールディングスは、業務効率の向上と経営施策実行の迅速化を図ることを目的として、完全子会社であるアパマンショップリーシングが、同じく完全子会社AS-SZKiを吸収合併することを発表した。

今回の合併は、アパマンショップリーシングを存続会社とする吸収合併方式であり、AS-SZKiは効力発生日をもって解散する。

合併予定日(効力発生日)は平成25年10月1日を予定している。