M&A速報

大王製紙<3880>、特種東海製紙との業務提携及び資本提携を発表。

2013/08/12

大王製紙は、生産の最適化を図り、収益力の向上を進めることを目的に、特種東海製紙と業務提携することと、それにあわせて、子会社が保有している株式を特殊東海製紙に売却するとともに、特種東海製紙が保有する特殊東海製紙株式を取得することを発表した。

資本提携の内容は以下の通り。

(1)大王製紙の子会社が保有する大王製紙の株式の売却

①銘柄 大王製紙

②売却先 特殊東海製紙

③売却する子会社と売却株数 いわき大王製紙2,224,000株、大津板紙1,647,000株(合計3,871,000株(発行済株式総数の3%))

④売却予定日 平成25年8月13日を予定している

⑤売却価格 1株あたり615円

(2)特種東海製紙を大王製紙が取得

①銘柄 特種東海製紙

②大王製紙に株式を譲渡する相手先 特殊東海製紙

③取得株数 4,899,000株(発行済株式総数の3%)

④取得予定日 平成25年8月29日を予定している

⑤取得価格 1株あたり204円

関連の記事

【大王製紙】「家庭紙の雄」が突如としてM&Aに乗り出した理由

【大王製紙】「家庭紙の雄」が突如としてM&Aに乗り出した理由

2020/03/12

家庭紙国内最大手の大王製紙が、M&Aに「本腰」を入れている。同社は長らくM&Aとは一線を画してきた。ところが2017年2月に日清紡HDの家庭紙事業を買収して以来、立て続けに5件のM&Aが成立している。大王製紙はM&Aで何を目指しているのか?

【2月M&Aサマリー】77件、高水準をキープ|気がかりな「新型コロナ」の行方

【2月M&Aサマリー】77件、高水準をキープ|気がかりな「新型コロナ」の行方

2020/03/04

2020年2月のM&A件数は前年同月を1件下回る77件だった。2月として2010年以降の過去10年間で前年に次ぐ2番目の高水準。ただ、新型コロナウイルスの感染拡大で世界経済に不透明感が強まる中、今後、国内M&A市場への影響も懸念される。

株主優待の拡充相次ぐ 日清、株主専用カップ麺/すかいらーく、食事券3倍

株主優待の拡充相次ぐ 日清、株主専用カップ麺/すかいらーく、食事券3倍

2017/03/12

株主優待を新設・拡充する企業が相次いでいる。M&A巧者で知られる日本電産は初めて株主優待を設けたほか、すかいらーくは株主優待の食事券の金額を3倍に引き上げた。M&A Online編集部が最近制度を変更した優待銘柄を紹介する。

 不祥事M&A10選(後編) -コムスン・大王製紙・オリンパス・インデックス・東芝

不祥事M&A10選(後編) -コムスン・大王製紙・オリンパス・インデックス・東芝

2016/06/17

2015年は、東芝の不適切会計やフォルクスワーゲンの排ガス不正問題など相次いで問題となりました。不祥事をきっかけにM&Aが起こった企業をまとめて振り返ります。後編はコムスン・大王製紙・オリンパス・インデックス・東芝をご紹介します。

M&A速報検索

クリア