マルハニチロホールディングスは、経営の合理化・効率化を目的に、完全子会社であるマルハニチロ水産を存続会社として、マルハニチロホールディングス、マルハニチロ食品、マルハニチロ畜産、マルハニチロマネジメント、およびアクリフーズの6社合併を発表した。

今回の合併により、マルハニチロホールディングスは平成26年3月に上場廃止となる予定で、存続会社であるマルハニチロ水産は、平成26年4月、東京証券取引所にテクニカル上場をする予定である。

また、マルハニチロ水産は、合併に際して商号をマルハニチロに変更する予定である。

合併期日は平成26年4月1日を予定している。

今回の合併はマルハニチロ水産を存続会社とする吸収合併方式で、マルハニチロホールディングス、マルハニチロ食品、マルハニチロ畜産、マルハニチロマネジメントおよびアクリフーズは解散し、消滅する予定であり、株式の割当てその他の対価の交付は行わない。