(株)ミマキエンジニアリング(以下「ミマキエンジニアリング」)は、インドの会社との合弁会社であり、インクジェットプリンタ、カッティングプロッタ、インク等のマーケティング、販売等を行うMIMAKI KANPHOR INDIA PRIVATE LIMITED(インド、売上高4億5700万円、営業利益△1億1300万円、純資産△5740万円、所有割合51%、以下「ミマキ・カンファー」)の全株式をインド側合同出資者に売却し、合弁解消することで同意した。

ミマキ・カンファーはミマキエンジニアリングの用途拡大が期待される新興経済発展地域への販売網構築の一環として、2009年9月に設立された。しかしながら、2013年7月には、経営成績が設立以降不振が続き、今後の業績検討においても好転する見込みが立たないことに加え、インド側の合同出資者は、効率的かつ合理的に会社を運営する義務を怠るなど合弁契約に違反し、是正期間を与えても措置が講じられなかったことから、合同出資者との合弁事業の継続は困難であると判断し、合弁契約を解消の上、ミマキ・カンファーを解散、清算する手続きを開始するとしていたが、インド側出資者からの合意が得られなかったため、デリー高等裁判所に仲裁を申し入れていた。今般、ミマキエンジニアリングとインド側出資者は和解契約を締結した。

株式譲渡価額は非公表。

株式譲渡実行日は非公表。

和解契約締結日は2016年5月14日。

※1ルピー=1.6円にて換算