三栄建築設計は、平成25年3月30日よりシードの普通株式に対する公開買付けを実施していたが、平成25年4月23日をもって終了した。

公開買付けの結果、応募株券等の総数5,267株の全部を買付けた。

買付け総額は107百万円。

シードは今回の公開買付けの成立を条件として、三栄建築設計を割当予定先とする第三者割当により新株式を発行すること(普通株式1,300株、発行価額は1株当たり38,610円、総額50,193,000円。)について決議していて、公開買付けの決済が行われ、かつ本第三者割当増資の払込みが完了した場合は、平成25年5月1日付けでシードは三栄建築設計の連結子会社となる予定である。