日本毛織は本日、芦森工業の普通株式9,201,000株(発行済株式総数の15.19%、総議決権数の16.42%)を東洋紡<3101>から取得することを発表した。

日本毛織は中計の最終年度には売上高1,000億円以上、営業利益70億円以上を目指しており、既に芦森工業と自動車安全部品事業において取引があるが、技術や開発力で連携を強めていく。

取得価額は1,270百万円。

今後は、東洋紡の100%子会社である東洋紡スペシャルティズトレーディングから40,000株、御幸毛織から600,000株、東洋紡不動産から233,000株を取得予定であり、取得後の所有株式数は、10,543,000株(所有割合:17.41%議決権割合:18.81%)となる見込みである。