新日本科学は、日本網膜研究所との資本提携の締結を発表した。

新日本科学は、日本網膜研究所による3億円の第3者割当増資を引き受ける。

今後、基幹事業とする前臨床試験受託事業で培ったノウハウを活用し、日本網膜研究所が取り組んでいる網膜疾患を適応症としたiPS細胞技術の早期の臨床応用・実用化を支援していく。

日本網膜研究所は、独立行政法人理化学研究所の認定ベンチャーであり、加齢黄斑変性の新たな治療法の開発や、現代の難治性網膜疾患を治療可能な疾患にすることを目指している。

新日本科学は、日本網膜研究所が推進する再生医療の技術確立に向けて全面的に協力していき、"失明した人へ再び見える喜びを与え、失明する可能性がある人を恐怖から解放する"という企業ミッションの実現に貢献していく。