ミネベアは、ミネベアを存続会社とし、100%出資連結子会社であるミネベアモータを消滅会社とする吸収合併を実施する。

ミネベアモータは、平成16年4月パナソニックとの情報モーター事業の合弁会社として、ミネベア60%、パナソニック40%の出資比率で設立されたが、本年2月合弁解消に伴い、ミネベアの100%子会社となった。

本合併により、より強固な経営基盤の確立と一層の事業の拡大を目指していく。

合併の効力発生日は平成25年4月2日。

ミネベアは、ミネベアモータの発行済株式の全てを所有しているため、本合併による新株式の発行及び合併交付金の支払いはなく、連結業績への影響はない。

また、本合併による名称、所在地、代表者の役職・氏名、資本金、決算期の変更はない。