IBJは、経営の効率化を図るため、完全子会社であるエスアイヤを消滅会社とする吸収合併を実施する。

エスアイヤは、IBJの100%子会社であるため、新株式の発行や合併対価の交付はなく、今後の業績への影響は軽微である。

また、本合併による名称、所在地、代表者の役職・氏名、事業内容、資本金、決算期の変更はない。