大日本塗料は、経営資源の集中・効率化を進めグループ内の企業価値向上を図るため、平成25年4月1日(予定)を効力発生日として、同社の連結子会社であるニッポ電機を存続会社とし、同じく同社の連結子会社であるダイア蛍光とDNライティングを消滅会社とする吸収合併を実施する。

合併当事会社は、いずれも大日本塗料の連結子会社であるため、合併比率の取り決めはなく、本合併による新株発行及び金銭等の割当てはない。

営業活動はDNライティングが行っており、製品のブランド名「DNL」が既に市場に浸透していることから新会社の商号は「DNライティング株式会社」とした。