PGMホールディングスは、平成24年11月30日にアコーディア・ゴルフの株式に対する公開買付を開始する旨を開示しているが、公開買付の対象となっているアコーディア・ゴルフの取締役会は、出席取締役全員一致により、この公開買付に反対の意見を表明する決議を行った。

意見の理由は、以下のとおり。

①アコーディア・ゴルフの収益力が、PGMホールディングスの収益より優れている。

②買付価格が、アコーディア・ゴルフの企業価値に照らして不十分である。

③買付の目的が、PGMホールディングスが、アコーディア・ゴルフに特別の資本関係を構築してから、経営統合、事業運営方針等の協議交渉を進めることである。

④PGMホールディングスが、公開買付後の具体的な条件を明らかにせず、経営統合に際しアコーディア・ゴルフの株主に不利益を及ぼす可能性がある。

⑤公開買付が、極めて不公正な強圧的な買収手法を採用している。