M&A速報

大塚家具<8186>とデザイン会社のKEN OKUYAMA DESIGNがインテリア分野で事業提携

2012/10/04

大塚家具は、工業デザイナーの奥山清行氏が運営するデザイン会社のKEN OKUYAMA DESIGN(山形市)とインテリア分野で事業提携すると発表した。

両社は新製品の開発や店舗デザイン、リゾート施設やホテルへの家具提供など様々な分野での協業を目指す。

関連の記事

大塚家具の大塚久美子社長が引責辞任 12月1日付で

大塚家具の大塚久美子社長が引責辞任 12月1日付で

2020/11/03

大塚家具は10月28日、大塚久美子社長が12月1日付けで代表取締役と取締役を辞任すると発表した。同社社長には三嶋恒夫会長が兼務する。

4期連続赤字の「大塚家具」が苦境脱出を託すサブスクとは

4期連続赤字の「大塚家具」が苦境脱出を託すサブスクとは

2020/07/19

​ヤマダ電機の傘下に入り経営再建中の大塚家具が、家具やインテリアのサブスクリプション(サブスク=定額制)に乗り出した。上質家具のサブスクは苦境に陥っている大塚家具を救うことはできるだろうか。

【M&Aサマリー12月】前年と同数の77件、大型案件が続出|昭和電工は9600億円で日立化成を買収

【M&Aサマリー12月】前年と同数の77件、大型案件が続出|昭和電工は9600億円で日立化成を買収

2020/01/09

2019年12月のM&Aは前年同月と同数の77件だった。目立つのが大型M&Aの集中。昭和電工が9640億円を投じて日立化成を子会社化するのをはじめ、買収金額が1000億円超の案件は6件あり、このうち4件が年間ランキングのトップ10に入った。

買収総額は前年の2倍に 2019年の住宅・不動産業界

買収総額は前年の2倍に 2019年の住宅・不動産業界

2019/12/19

2019年の住宅・不動産業界でのM&Aは件数で前年(22社)の約1.4倍の31社、取引総額でも前年(1026億9620万円)の約2.1倍の2221億5800万円と大きく成長。東証適時開示情報のうち経営権の移動を伴うM&Aについて集計した。​

お家騒動で弱った大塚家具を子会社化したヤマダ電機の「勝算」は

お家騒動で弱った大塚家具を子会社化したヤマダ電機の「勝算」は

2019/12/14

ヤマダ電機が業績不振に苦しむ大塚家具が実施する約43億円の第三者割当増資を引き受け、子会社化すると発表した。大塚家具はすでに業務提携をしているヤマダ電機との協業を強化し、経営再建を目指す。では、ヤマダ電機はなぜ大塚家具を「救済」するのか?

大塚家具、4年連続で最終赤字 セールの反動か?

大塚家具、4年連続で最終赤字 セールの反動か?

2019/08/18

販売不振が続く大塚家具が2019年1~6月期決算を発表した。店舗網の再編などでコスト削減を進めたが、大幅減収が響き、1~6月期の純利益は24億5200万円の赤字だった。

ファンケル・池森会長が決断した大手企業の「事業承継」

ファンケル・池森会長が決断した大手企業の「事業承継」

2019/08/13

ファンケルの創業者でもある池森賢二会長が、創業家の保有する自社株33.0%をキリンホールディングスへ譲渡する。「国内サプリメント首位のファンケルと、ビール・飲料大手のキリンの資本提携」と大きな話題になったが、実態は池森会長による事業承継だ。

大塚家具・千趣会・パイオニア、気になる会社の再建の行方は

大塚家具・千趣会・パイオニア、気になる会社の再建の行方は

2018/12/27

2018年も経営不振や経営再建が大きなニュースとなった。その中から、「気になる会社のその後」と題して、大塚家具、千趣会、パイオニアの3社を取り上げる。

大塚家具、セール好調で15カ月ぶりに売上増へ

大塚家具、セール好調で15カ月ぶりに売上増へ

2018/11/11

大塚家具は、昨年7月以来、15カ月ぶりに10月の店舗売上高が前年同月を上回ったと発表した。最大80%OFFの「在庫一掃セール」が好調のようだ。

在庫一掃セールで現預金が減り続ける大塚家具

在庫一掃セールで現預金が減り続ける大塚家具

2018/10/13

高級家具のイメージを誇った大塚家具<8186>が、ついに10月28日まで最大80%OFFの「在庫一掃SALE」に踏み切った。この太っ腹セールで注目されるのが、減り続ける現預金だ。

ユニクロ、JAL、大塚家具…“民間企業を丸裸にしたノンフィクション”本はこれだ!

ユニクロ、JAL、大塚家具…“民間企業を丸裸にしたノンフィクション”本はこれだ!

2018/10/13

本の専門家たちが独自の切り口でおすすめ本を紹介する「honto」の「ブックツリー」。今回は取材者・ライターとして「週刊現代」を主戦場に活動する週刊・フジマルさんが選書。ユニクロやJALなどの“民間企業を丸裸にしたノンフィクション”本を取り上げます。

スティーブ・ジョブスに学べ!大塚久美子社長への「転身の勧め」

スティーブ・ジョブスに学べ!大塚久美子社長への「転身の勧め」

2018/08/24

大塚家具の委任状争奪戦で久美子社長を支持した投資ファンドが、保有する大塚家具株を売却していたことが明らかとなった。もはや久美子社長の辞任は秒読み状態に。だが久美子社長が経営者として「復活」する方法はある。それはアップルの創業者に学ぶことだ。

大塚家具 半期決算で初のGC注記を記載、財務強化が急務

大塚家具 半期決算で初のGC注記を記載、財務強化が急務

2018/08/19

大塚家具<8186>が8月14日、2018年12月期上期決算を発表した。通期で3期連続の赤字見通しとなり、継続企業の前提に関する注記(GC注記)が1980年6月に株式を上場以来、初めて記載された。

久美子社長の手腕は関係ない?大塚家具「身売り」で分かったこと

久美子社長の手腕は関係ない?大塚家具「身売り」で分かったこと

2018/08/12

大塚家具の業績悪化に歯止めがかからず、ついに「身売り」話が取り沙汰される事態になっている。大塚家具も「身売り」を否定しておらず、水面下で交渉が続いている模様だ。大塚久美子社長の経営手腕に批判が集まるが、本当にそれだけが経営不振の原因なのか?

大塚家具がイタリア高級家具「ポルトローナ・フラウ」を南青山に初出店

大塚家具がイタリア高級家具「ポルトローナ・フラウ」を南青山に初出店

2018/03/31

2017年12月期決算で72億5,993万円の当期純損失を計上した大塚家具に新しい動きが。3月17日、イタリアの老舗高級家具ブランド「ポルトローナ・フラウ」のフラッグシップショップを東京・南青山にオープンした。

【企業力分析】強いサイゼリヤ 唯一の弱点

【企業力分析】強いサイゼリヤ 唯一の弱点

2018/01/30

格安ファミレスでお馴染みのサイゼリヤを取り上げます。2017年8月までの10年間の連結財務諸表を分析しました。

日本ペイントHDに緊急事態…筆頭株主が取締役6人選任を提案

日本ペイントHDに緊急事態…筆頭株主が取締役6人選任を提案

2018/01/23

日本ペイントホールディングスに緊急事態が発生した。筆頭株主でシンガポールの塗料大手、ウットラムグループが新たに取締役6人の選任を求める株主提案を突き付けた。3月の定時株主総会に向けて委任状争奪戦に発展する可能性もある。

大塚家具、TKPとの業務・資本提携で業績不振を乗り越えられるか

大塚家具、TKPとの業務・資本提携で業績不振を乗り越えられるか

2017/11/26

2015年12月期に約110億円あった現預金が、わずか1年9カ月で約20億円となってしまった大塚家具。11月6日に貸会議室運営のティーケーピーとの業務・資本提携を正式発表したが、この提携で難局を乗り越えられるか。大塚家具の現状を東京商工リサーチが取材した。

あの大塚家具も!創業家内紛シリーズ(3) 親子・兄弟の争い編

あの大塚家具も!創業家内紛シリーズ(3) 親子・兄弟の争い編

2017/11/01

今回は「親子、兄弟の争い編」としてロッテ、大塚家具<8186>、ユニバーサルエンターテインメント<6425​>の3社を取り上げる。身内同士の争いであるがゆえに、かえって容赦のない攻防が繰り広げられているようにも映る3社の事例を紹介したいと思う。

[相続税] 会社に財産を移して評価額を圧縮?その②

[相続税] 会社に財産を移して評価額を圧縮?その②

2017/10/09

先日の記事の [相続税] 会社に財産を移して評価額を圧縮?その1の続きです。今回は、資産管理会社の実務的な利用例(と推測されるもの)を挙げて少し説明してみます。

企業のお家騒動・騒乱その行方 【大塚家具】株式市場を巻き込んだ親子げんか

企業のお家騒動・騒乱その行方 【大塚家具】株式市場を巻き込んだ親子げんか

2016/09/14

ニュースやワイドショー、新聞、雑誌などでひとたび話題になると人々の関心を引き、株価にも影響を及ぼすこともある、企業のお家騒動。その騒乱の行方はどうなったのであろうか。これまでに起きた注目の企業のお家騒動をまとめてみた。今回は、大塚家具で起きた親子対立を振り返る。

【企業力分析 】大塚家具 数字から真因を読む

【企業力分析 】大塚家具 数字から真因を読む

2015/12/21

父娘で経営権を争い、娘の勝利となった大塚家具。マスコミ露出も多く、論理性の高さで久美子社長に期待した方も多かったようだ。2006年から2014年12月期までの9年を専門家が分析。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5