M&A速報

MCJ<6670>、アドテック<6840>との業務資本提携を解消

2012/09/18

MCJは2012年9月18日付でアドテックとの資本業務提携を解消すると発表した。両社は2006年10月にDRAM型メモリーに代わる次世代メモリーの開発・販売で業務提携し、当時MCJの子会社であったMCJパートナーズがアドテックの株の一部を取得している。しかし、パソコンパーツの市場動向が変化する中、提携関係の成果を実現するのは難しく、それぞれ独自の戦略を推進することにした。

MCJが保有するアドテック株につては、大阪証券取引所のJ‐NET市場を通じて売却する。

関連の記事

敵か味方か 「大株主」の存在とは

敵か味方か 「大株主」の存在とは

2018/04/05

UACJが2月末に内定した首脳人事の差し戻しを含めて再検討していることが明らかになった。終始「ノー」を主張してきたのが筆頭株主の古河電気工業。日本ペイントHDは筆頭株主が推す取締役を6人受け入れた。敵か、味方か、企業経営にとって「大株主」とはー。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5