アスクルは、連結子会社であるアスマルとネットプライスドットコムとの資本業務提携契約を解消し、アスマルをアスクルの100%子会社とする。

アスクルとネットプライスドットコムは、インターネットによる個人向け通信販売事業の新たな構築、及び展開を図るためにアスマルを設立し、お互いの強みを出し合い事業の展開を図ってきた。

しかし、アスクルはヤフーとの提携による新事業の立ち上げ・拡大に経営資源を集中することが必要となり、ネットプライスドットコムが保有するアスマル普通株式400株(発行済株式数の20%)を取得し、アスマルを100%子会社とし、ネットプライスドットコムとの資本業務提携を解消する。

子会社化後、平成24年中を目処に、アスクルはアスマルを吸収合併する予定。