アルクは、2012年5月14日から実施していたAAホールディングス(東京都千代田区)によるTOB(株式公開買い付け)が6月22日に終了したと発表した。これにより、AAホールディングスの所有割合は90.55%になった。買付総額は28億1600万円。

買い付けは、MBO(経営陣による買収)の一環でアルクの非公開化が狙い。今後いわゆる二段階買収手続を実施し、残りすべての株式を取得する。そのため、アルクは上場廃止となる見込み。