オフィス関連用品を製造・販売するプラスは、2012年5月1日から開始していたビズネットに対するTOB(株式公開買い付け)を6月13日に終了した。所有割合は93.49%となった。買付総額は11億5100万円。

今後、プラスはビズネットを完全子会社とするための手続を実施し、ビズネットは上場廃止となる。