オリックスは、三井住友フィナンシャルグループから譲り受けるとしていたオリックス・クレジット(東京都立川市)の株式51.0%を309億円で取得すると発表した。オリックス・クレジットはオリックスの完全子会社となる。

オリックスグループはコンシューマーファイナンスを成長戦略の柱の一つとして位置づけており、オリックス・クレジットの完全子会社化により、カードローンの取り扱いを開始したオリックス銀行との連携を強化し、コンシューマーファイナンス需要の取り込み強化を図る。