ダンロップスポーツは、株式交換によりダンロップスポーツ中部を完全子会社化する。

この株式交換では、ダンロップスポーツ中部普通株式1 株に対して、ダンロップスポーツの普通株式60.13 株を割り当てる。

ダンロップスポーツが交付する普通株式は、805,742株となる予定。

交付する株式は、全てダンロップスポーツが保有する自己株式をもって割り当てる。

ダンロップスポーツが、ダンロップスポーツ中部を完全子会社化するのに要するコストは、ダンロップスポーツの今日の終値で計算すると787百万円となる。