日新製鋼(以下「日新」)と日本金属工業(以下「日金工」)は、共同株式移転の方法により持株会社を設立し、経営を統合する。

両社は、この経営統合により、経営資源を結集してこれを最大限に活用することにより、ステンレス分野における総合力(技術・開発力、販売力、収益力)国内No.1 メーカーとしての地位を確立するだけでなく、グローバル・ステンレストップメーカーへの飛躍に向けて事業基盤を強化する。

この株式移転は、日新の普通株式1株に対して、共同持株会社の普通株式0.1 株を、日金工の普通株式1株に対して、共同持株会社の普通株式0.056 株をそれぞれ割当て交付することで行う。

共同持株会社が発行する新株式数は、109,843,923株となる。