新日本製鉄と住友金属工業は、2012年10月1日付けで株式交換を行ったうえで吸収合併を行う二段階手続きで経営統合すると発表した。2011年9月22日の統合基本契約時点では通常の合併を予定していたが、税法上の理由などにより統合方法を変更した。

株式交換比率は新日鉄1:住友金属工業0.735で、住友金属工業の1株に対して新日鉄の0.735株を割り当てる。株式交換後、同日に新日鉄を存続会社、住友金属工業を消滅会社とする吸収合併を実施する。統合後の社名は新日鉄住金となる。