JVCケンウッドは、新興市場を中心にカーエレクトロニクス事業の強化、成長を図るため、CITIC Capitalが運営する日本企業投資向けファンドからShinwa International Holdings Limitedの発行済株式の45%を取得する。

また、この取得後3年以内に、株主の内藤善文氏からShinwa International Holdings Limitedの発行済株式の31%を譲受ける。この時点でShinwa International Holdings Limitedの発行済株式の76%を保有することになり、Shinwa International Holdings LimitedはJVCケンウッドの子会社になる。

取得する株式は13,090,910株、Shinwa International Holdings Limitedの発行済株式の45%。

取得価額は45.5百万米ドル(約3,640百万円)