M&A速報

ニッセンホールディングス<8248>、ユーシーシーホールディングスと資本業務提携。

2012/03/26

ニッセンホールディングスとユーシーシーホールディングスは資本業務提携を行う。更にニッセンホールディングスはユーシーシーホールディングスの完全子会社であるシャディの発行済株式の全てを取得する。

両社は業務提携することで、ギフト・生活関連用品卸事業及びコーヒーを含めた飲料・食品事業での商品・チャネル・顧客層の相互補完を通じ、戦略的展開を目指す。

また、ニッセンホールディングスの自己株式及び新株式をユーシーシーホールディングスに対して割り当てる。

自己株式は、12,626千株、新株は57千株(いずれも普通株式)割当、処分価額及び発行価額は一株当たり360円。

これにより調達した手取り額4,565百万円をシャディの取得費に充てる予定。

ニッセンホールディングスがユーシーシーホールディングスから取得するシャディ株式は100株。取得価額は、12,700百万円。

関連の記事

【企業力分析】 経営の鬼門、足を踏み入れてはいけない領域 全18社

【企業力分析】 経営の鬼門、足を踏み入れてはいけない領域 全18社

2016/01/06

鬼門が決定的になった破綻会社から、良くないことが現実化してしまった会社、鬼門から直ぐに退避すべき18社を取り上げました。ワールド・ロジ、青木建設、エルピーダメモリ、NOVA、真柄建設、日本航空、カッパ・クリエイト、ワタミ、あきんどスシロー、パナソニック、シャープ、ニッセンホールディングス、コロワイド、ゼンショーホールディングス、サンデー、イオン、井村屋グループ、三越伊勢丹ホールディングスです。

【企業力分析】ニッセンホールディングス 役員会無機能化の本質

【企業力分析】ニッセンホールディングス 役員会無機能化の本質

2015/11/11

ニッセンホールディングスは、2015年12月の決算では特別損失約57億円を計上予定だ。06年から14年12月期までと15年6月期(第2四半期)を専門家が分析した。

M&A速報検索

クリア