魚力とヨンキュウは、資本・業務提携する。

資本提携としては、ヨンキュウが保有する自己株式400,000株(発行済株式数の3.46%、総額345百万円円)を第三者割当の方法により魚力に割当てる。

業務提携の内容はとおり。

① 両社がそれぞれ取り扱う水産物における「安心・安全」というブランドイメージの確立・定着に向けた協業を行う。

② ヨンキュウの商品供給力と魚力の商品販売ノウハウの共用化をはかりる。

③ 両社共同で新規商品(新しいブランド魚等)の企画・宣伝等を行う。

④ ヨンキュウが今後商品化に取り組む養殖魚(マグロ・ウナギ等)を魚力が積極的に仕入れるなどして共同で商業化に取り組む。