大崎電気工業は2月6日付で、メーターやスイッチギアの開発・販売を手がけるシンガポールのSMB United Limitedノ株式53.54%(2億6190万946株)を取得し子会社化したと発表した。大崎電気工業は1月26日に同社に対するTOB(株式公開買い付け)を開始しており2月27日に終了する予定。7日現在、71.28%の売却について株主から承諾を得ているという。

SMBはメーター事業においてはオーストラリアやニュージーランド、欧州を中心に販売している。大崎電気工業はSMBを傘下に収めることで、グローバル市場向けメーター事業の拡大を図る。

TOBの買付価格は1株あたり約24.8円で、公表前営業日の終値約22.63円に対して9.6%のプレミアムを加えた価格。TOBの買付予定数は4億8915万1999株。