ユニチカは、ユニチカを株式交換完全親会社、寺田紡績を株式交換完全子会社とする株式交換を実施する。

寺田紡績は、ユニチカグループが議決権の77.1%を保有するユニチカの連結子会社であり、プラスチック・化成品の製造・販売を行う「化成事業」を展開している。

今回の株式交換により、寺田紡績はユニチカの完全子会社となり、大阪証券取引所の株券上場廃止基準に従い、所定の手続きを経て、平成24年4月25日に上場廃止となる予定。

この株式交換では、寺田紡績の普通株式1株に対して、ユニチカの普通株式1.46 株を割当て交付される。交付予定の株式4,963,937株は、ユニチカが保有する自己株式と新たに普通株式を発行することで充当する。

ユニチカが寺田紡績を子会社化するコストは、本日のユニチカの株式の終値で計算した場合233百万円となる。