ヒューリックと昭栄は、昭栄を吸収合併存続会社、ヒューリックを吸収合併消滅会社とする吸収合併することで経営統合する。

この合併では、ヒューリックの普通株式1 株に対して、昭栄の普通株式3 株を割当て交付する。

合併により交付する予定の昭栄の株式は、普通株式493,937,154株。

昭栄の株式の本日の終値で計算した、昭栄がヒューリックを合併するに要するコストは、170,408百万円。

近時の不動産市況等の厳しい経営環境のもと両社が合併することで、ヒューリックの安定した事業基盤及び財務基盤の下に、経営の安定化を企図している昭栄の不動産事業を集約しつつ、両社の保有する安定資産のポテンシャリティを最大限に発揮させる事を目指す。