大陽日酸は子会社を通じて、溶接関連器具を製造するシンガポールのLeeden Limited(売上高約117億円、純資産約66億円)に対するTOB(株式公開買い付け)を開始した。TOB成立後、Leedenはシンガポール証券取引所における上場が廃止となる。