ゼニス羽田はすでに経営統合を発表している羽田コンクリート工業を株式交換により完全子会社化することを決めた。2012年4月1日付。

株式交換比率はゼニス羽田:羽田コンクリート工業=1:0.92で羽田コンクリート工業の株式1株に対してゼニス羽田の株式0.92 株を割り当てる。

ゼニス羽田はハネックスと日本ゼニスパイプが経営統合して発足。コンクリート二次製品業界をめぐる事業環境が大きく変化する中では、より規模の大きな企業再編が必要と判断した。