アルバックは、トヨタ自動車や中部電力ほか6社とともに充電網整備推進機構(東京都千代田区)を設立し、電気自動車の普及拡大を目的に2012年度に会員制急速充電サービスを開始すると発表した。

ほか6社は兼松、関電工、鈴与商事、日本政策投資銀行、ホンダ、三菱自動車。資本金は1100万円で、中部電力、トヨタ、ホンダ、三菱自動車が18.2%、日本政策投資銀行が9.1%、残り4社が4.5%ずつを所有する。

充電網整備推進機構は、急速充電器設置者に急速充電器を登録してもらいネットワーク化。会員は会費を支払い利用する。会費の一部は設置者に還元することで費用負担の軽減を図る。