ユニーの子会社のパレモと鈴丹は2012年2月21日に合併することを決議した。パレモを存続会社、鈴丹を消滅会社とする吸収合併で、鈴丹は2月16日付けで上場廃止となる。

パレモと鈴丹はともに衣料品専門店を展開する。少子高齢化や外資専門店の出店拡大による競争激化に対応するには、両社が統合し人材などの資産を有効に活用することが必要と判断した。今後は成長ブランドや新事業の育成を図る。合併比率はパレモ1:鈴丹0.43で、鈴丹の普通株式1株に対してパレモの0.43株を割り当てる。