M&A速報

トップカルチャー<7640>、カルチュア・コンビニエンス・クラブと文具・生活雑貨の合弁会社を設立

2011/06/24

トップカルチャーは、CD・DVDのレンタルショップTSUTAYAを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC、東京都渋谷区)と合弁会社を設立し、オリジナルの文具・生活雑貨の開発に取り組むと発表した。新会社はTSUTAYA STATIONERY NETWORK(東京都渋谷区)で7月1日に設立予定。資本金は5000万円で、CCCが51%を、トップカルチャーが49%を出資する。

トップカルチャーは新潟、長野、東京など6都県で計70店舗のTSUTAYAフランチャイズ店を運営しているが、文具や生活雑貨を独自に販売してきた。今回、CCCと新会社を設立し、こうした商品についてTSUTAYA直営店とフランチャイズ加盟店に対して売場展開を提案するほか、オリジナル商品の開発を進めていくことにした。

関連の記事

書店大手の文教堂、再生計画から1年|新型コロナ重なり、窮地が続く

書店大手の文教堂、再生計画から1年|新型コロナ重なり、窮地が続く

2020/08/19

書店大手の文教堂グループホールディングスが上場廃止の猶予期間だった8月末を迎える。銀行団による債務の株式化などで債務超過を解消し、上場廃止の危機をひとまず乗り越えたが、出版不況に新型コロナが重なり、同社の先行きはいぜん視界不良のままだ。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5