M&A速報

日本瓦斯<8174>、オーストラリアのエネルギー小売Australian Power and Gas Company Limitedと資本業務提携

2011/06/01

LPG・機器販売の日本瓦斯は、オーストラリアの独立系エネルギー小売会社であるAustralian Power and Gas Company Limited(以下、「APG」)の株式11.4%を第三社割当増資及び市場外取引により取得する。

APGは、電力とガスの小売を行っており、販売エリアは、ビクトリア州、ニューサウスウエールズ州、クイーンズランド州の東海岸3 州、2011年6月期の売上は210百万豪州ドル(約181億円)の見込み。

新株引受により、普通株式1千万株を取得

取得価格は、5百万円豪州ドル(約432百万円)

市場外取引により、普通株式1千万株を取得

取得価格は、5百万豪州ドル(約432百万円)

合計、発行済株式総数の11.4%を取得

取得総額は、1千万豪州ドル(約864百万円)

関連の記事

【緊急インタビュー】電力ガス自由化とエネルギー業界のこれから(電力業界編・後編)

【緊急インタビュー】電力ガス自由化とエネルギー業界のこれから(電力業界編・後編)

2016/05/20

電力小売自由化から1カ月。来年にはガス小売自由化が控えており、「電力VSガス」の熾烈な競争が始まる。第4回は、「電力ガス自由化とエネルギー業界のこれから」について前回に引き続き、エネルギー産業の動向に詳しい東京理科大学橘川教授に話を伺った。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5