M&A速報

大王製紙<3880>、ベトナムの製紙会社へ出資

2011/04/25

製紙業界大手の大王製紙は、経済成長が続くベトナムにおいて、家庭紙および板紙事業に参入し、ASEAN での事業拡大を推進するために、ベトナムの製紙会社であるサイゴンペーパー社に出資した旨を発表した。

サイゴンペーパー社は、ベトナムで家庭紙と板紙の製造・販売を行っている大手製紙会社で、既存工場の隣接地に建設中の新工場が本年夏に稼働する予定。 

今回、大王製紙は、新工場の建設資金調達を目的とした第三者割当増資を株式会社日本政策投資銀行と共同で引受けた。出資額は公表していない。

また、一部既存株主からサイゴンペーパー社の株式譲渡を受ける予定で、持株比率は当社33.8%、株式会社日本政策投資銀行14.5%、2社合計で48.3%となる見込。

≪ サイゴンペーパー社の概要≫  (2010年12月末時点)

会社名(英語名) Saigon Paper Corporation ( 民間企業)

本社所在地  ホーチミン市

工場所在地  バリア・ブンタウ省 ミーシャン工業団地

        ( ホーチミン市中心部の南東約65 ㎞ )

代表者    Mr . Cao Tien Vi

設立年     1997 年

事業内容 家庭紙・板紙製造販売、古紙の回収販売

資本金    2,043億 ベトナムドン (約8.8億円)

売上高    7,258億 ベトナムドン (約31億円)

従業員数   1,857名

生産能力   71,200 トン/ 年

(内訳) 家庭紙18,200 トン/ 年 板紙53,000 トン/ 年

新工場の設備は2011年6月以降順次稼動予定で、2015年度には売上高150億円を見込んでいる。

関連の記事

【大王製紙】「家庭紙の雄」が突如としてM&Aに乗り出した理由

【大王製紙】「家庭紙の雄」が突如としてM&Aに乗り出した理由

2020/03/12

家庭紙国内最大手の大王製紙が、M&Aに「本腰」を入れている。同社は長らくM&Aとは一線を画してきた。ところが2017年2月に日清紡HDの家庭紙事業を買収して以来、立て続けに5件のM&Aが成立している。大王製紙はM&Aで何を目指しているのか?

【2月M&Aサマリー】77件、高水準をキープ|気がかりな「新型コロナ」の行方

【2月M&Aサマリー】77件、高水準をキープ|気がかりな「新型コロナ」の行方

2020/03/04

2020年2月のM&A件数は前年同月を1件下回る77件だった。2月として2010年以降の過去10年間で前年に次ぐ2番目の高水準。ただ、新型コロナウイルスの感染拡大で世界経済に不透明感が強まる中、今後、国内M&A市場への影響も懸念される。

株主優待の拡充相次ぐ 日清、株主専用カップ麺/すかいらーく、食事券3倍

株主優待の拡充相次ぐ 日清、株主専用カップ麺/すかいらーく、食事券3倍

2017/03/12

株主優待を新設・拡充する企業が相次いでいる。M&A巧者で知られる日本電産は初めて株主優待を設けたほか、すかいらーくは株主優待の食事券の金額を3倍に引き上げた。M&A Online編集部が最近制度を変更した優待銘柄を紹介する。

 不祥事M&A10選(後編) -コムスン・大王製紙・オリンパス・インデックス・東芝

不祥事M&A10選(後編) -コムスン・大王製紙・オリンパス・インデックス・東芝

2016/06/17

2015年は、東芝の不適切会計やフォルクスワーゲンの排ガス不正問題など相次いで問題となりました。不祥事をきっかけにM&Aが起こった企業をまとめて振り返ります。後編はコムスン・大王製紙・オリンパス・インデックス・東芝をご紹介します。

M&A速報検索

クリア